<< Node.js(MongoDB)入門編その8 | main |

Node.js(MongoDB+Express)入門編その9

 

 

前回からの続きです。

 

 

 

左のドキュメント名を表示して、INSERT DOCUMENTからデータベースを入力してください。

(今回は、データベース名:sample,コレクション名:terachan,ドキュメント名:

user:"user1,testlive:"tokyo"とuser:"end",testlive:"nagoya"を入力しました。)

 

これで、データベースができましたので、expressを作ります。

 

フォルダ(フォルダ名mongoapp)を作って、

 

express --view=pug myapp

を実行します。

 

できたら

myappのpackage.jsonを開いて

 

ここに、

"mongodb": "^2.2.25"と

"monk": "^4.0.0"

を追加します。

 

そのあとに、

npm install

を実行します。

 

 

app.jsを修正します。

 

 

ver mongo = require('mongodb');

ver monk = require('monk');

ver db = monk('localhost:27017/sample');

 

と'/'に対するmiddlewearの

 

app.use(function(req,res,next){

req.db = db;

next();

}):

 

を挿入します。

(ver db = monk('localhost:27017/sampleのsampleはデータベース名です。)

 

 

index.js

に/userlistのhtmlを書き加えます。

 

 

router.get('/userlist'',function(req,res){

ver db = req.db;

ver collection db.get('terachan');

collection.find({},{},function(e,docs){

res.render('userlist',{

"userlist" :docs

});

});

});

を挿入します。

(ver collection db.get('terachan')のterachanはコレクション名です。)

 

 

あとは、userlistのpugを新しく作ります。

 

userlist.pug

 

 

 

プログラムを実行するには、

npm start

を実行します。

 

 

実行するときには、・・・¥mongoapp¥myappから実行してください。

 

 

localhost:3000/userlistを実行すると

 

 

 

無事にデータベースから持ってこれました。

 

 

今回、参考にさせてもらったのは、Qiitaの

1時間でNode+EXpress+MongoDBを使ったweb appを作りましょう

です。

 

これで、データベースも終わりました。

ので、Node.js入門編は終わらさせていただきます。

 

 

あとは、自分の作りたいものを作ってください。

 

 

JUGEMテーマ:プログラミング

 

 

| JavaScript | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
カウンター


今日
昨日
レンタルサーバ/プロバイダー




ファッション
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

イマージュ - IMAGEアウトレットセール
yahoo・その他


買い物
ビックカメラ.com



Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM