<< Visual Studio 操作編 バイナリエディタの使い方 | main | C++/CLI初心者入門これまでのまとめ編 >>

C++/CLI(Myform.cpp)説明編

いまさらですが、メインプログラムのMyform.cppの簡単な説明を書いておきます。

なにしろ、素人が説明していますので、正確ではありませんが、イメージとして知っておいてください。

 

 

上のようにC++Windows Formを選んでOKボタンを押して実行すると

 

 

自動的にMyForm.cppが出来ています。

ダブルクリックをすれば、

 

 

が表示されます。

 

これが、メインプログラムとなります。

以下が、簡単な説明です。

 

#include "MyForm.h"

は、Myform.hのプログラムが含まれるという意味です。

(ここに、Myforn.hのプログラムが書いてあると思ってください。)

 

using namespace System;
using namespace System::Windows::Forms;


はnamespace:Systemと名前の付けられた中の、Windowsと名前の付けられた中の

formsと名前の付けられた中にある命令文を使います。という宣言です。

(#includeはnamespaceの前に書いてください。名前がこんがらがってしまいます。)

 

[STAThread]

は、ここからプログラムを始めますという意味です。

 

void Main(array<String^>^ args)

は、Mainと名前がついているように、メインプログラムでここからプログラムが始まります。

カッコ内の配列は、引数(args アーギュメント)で与える値です。

 

Application::EnableVisualStyles();

は、ほんとは、System::Windows::Forms::Application::EnableVisualStyles()ですが、

using namespaceで宣言してますので短く書くことができます。

フォームの外観を既定のものにするという意味です。

 

Application::SetCompatibleTextRenderingDefault(false);

は、フォームの中の文字列の描き方です。

 

CppWinForm11::MyForm form;

は、namespaceのCppWinForm11の中のMyFormはformですと宣言します。

CppWinForm11は最初にプロジェクト名で付けた名前です。

 

参考:myform.h

 

Application::Run(%form);

は、先ほど名付けたformを終了するまでループで実行します。

頭の%は、どこのメモリにformがあるのかを探してくれて、それを実行します。

ここは、ポインターを説明しなくてはならなのですが筆者ではうまく説明できません。

 

また、CppWinForm11::MyForm form;をやめて、直接

Application::Run(gcnew CppWinForm11::MyForm);

としてもらっても動きます。

 

 

 

JUGEMテーマ:PC関連

| C++/CLI初心者入門編 | 10:19 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
VS2008 VC++/CLIにてWindows Formアプリを作成していました。サポートされなくなるとは聞いていましたが、VS2019をインストールしてみて、リンクエラーが発生し、本ブログを参照させていただくこととなりました。エラーもなくなり、問題なく動いております。有難うございました。
2019/11/26 1:41 PM, from Foo
コメントありがとうございます。
このブログでは、ちょっと歳をとってもプログラムを楽しみたいひとを対象に書いているつもりです。
その点で、田中さんのような方からコメントをいただき嬉しく思います。
プログラミングで一番難しいのは、おしゃる通り、入口です。
分かってしまえば、難しいプログラミング言語なんてないんですが?!
でも、今回の説明が理解できるのであれば、かなりの基礎力を持っているであろうと推測します。
CADソフトとのことですが、設計の仕事でもされていたのでしょうか?
残念ながら、グラフィック的なものは得意ではありませんが、一般的なことなら遠慮なく問い合わせください。
わかる範囲でお答えいたします。

2017/07/12 6:10 PM, from てらちゃん
たった今、N0.1のMyFormが出力できました。
何度もインストールを繰り返し、やっとCLRプロジェクトがでたあとは比較的、順調でした。
やはり、最初が一番、むつかしいのを実感できました。ありがとうございました。
2017/07/12 2:01 PM, from 田中 博









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
カウンター


今日
昨日
レンタルサーバ/プロバイダー




ファッション
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

イマージュ - IMAGEアウトレットセール
yahoo・その他


買い物
ビックカメラ.com



Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM