KORGのmicroKEY(MIDIキーボード)の設定方法

はじめに、ここの設定方法は、Windows用です。

 

長い間休憩してすみませんでした。

 

どうも体調がすぐれなかったもので

 

ボケ防止のため、MIDIキーボードを買ったのですが

設定がとても複雑なもので、

今度パソコンを買い替えたときとても記憶しておく自信がありません

そのために

今回の設定について書き残しておきます。

 

 

KORG microKEYの設定のしかた(windows10)

 

まず、USBケーブルでmicroKEYとパソコンをつなぎます。

 

説明書についているDownload the Software Bundleという小さな紙があります

その裏側に書いてある

www.korg.com/bundleにアクセスします。

 

そのサイトで、software Bundle codeを入力したあと送信ボタンを押します。

 

ずらーと、ソフトウェアが出てきますので、まずM1Leを選んでください。

 

ダウンロードしたら解凍、インストールしてください。

 

ソフトウェア(M1Le)を起動してください。

最初に認識コードの入力画面が出ますが、まずユーザー登録をしないともらえません

画面が出たら、ボタンを押すとサイトが出ますので、初めての場合は、ユーザー登録を選んでください。

 

長々と個人情報を入力したあと、project codeの入力項目がありますので、

先ほどのソフトウェアを選んだサイトに戻り、そこに書いてある認識コードを入れてください。

ユーザー登録するとずーと使用することができます。

 

(でもまだ、音はでません)

 

M1Leのソフトの

システムメニューから、環境設定を選んでください。

 

 

オーディオの設定の項目でデバイスの種類の項目があります。

そこで、directSoundを選んで、オーディオ設定の入力ドライバーをいま使っているものに変えます。

これで、やっと音はでるはずです??がしかし

 

これは、Windowsの標準MIDIなので、反応がよくありませんし

M1Leのソフトの能力を十分出すことができません

(レイテンシー(音の遅れ)が92.88ms)

 

(ここまででも大変なのにまだ続きます。)

 

ということで、CORGのUSB−MIDIドライバをまずダウンロードしてください。

 

ダウンロードしたら解凍、インストールしてください。

 

その次に、

 

ASIOというドライバを使います。

これは、Windowsのサウンドシステムを通さず直接出力します。

 

窓の杜からasio4allをダウンロードしてください。

 

ダウンロードしたら解凍、インストールしてください。

 

M1Leのソフトを再び立ち上げて

システムメニューから、環境設定を選んでください。

 

 

先ほどの、オーディオの設定の項目でデバイスの種類の項目をASIOに変えます。

また、オーディオ設定の入力ドライバーをASIO4ALLに変更します。

 

 

次に、MIDIの設定の項目で、MIDI IN デバイスをmicroKEY-25 1 KEYBOARDに変えます。

 

これで音がでるはずですが、それでも出ないときは、

先ほどの、オーディオの設定の項目のASIO設定パネルのボタンを押して、

パソコンが現在の出力している出力先(スピーカー等)に変更してください。

(ただし、×がついているデバイスは使えません。)

 

 

これで無事終了です。

 

大変お疲れ様でした。(私も疲れました)

 

なぜこれほど難しいかいうと、推測するところ、IPhone、IPADをターゲットにしているからだと思われます。

 

申し訳ありませんが、MIDIについては、初心者のため、質問にはお答えできないと思いますのであしからず。

 

 

余談ですが、

KORGのmicroKEYはビックカメラで買ったのですが、ここはいつも10%のポイントがもらえることが多いです。

すぐにポイントがたまります。

ですが、楽天市場ビックカメラ店では、楽天ポイントしかもらえません。

楽天市場を通さず直接、買ったほうがお得です。

それと、付属のUSBケーブル短いですから、100円ショップでUSB延長コードを買っておいてください。

 

 

追記:

 

後日、Reason Limitedをインストールしたのですが、

(プラウザがinternet Exploreの人は問題ありません)

この作業は、internet Exploreを既定のアプリにして使って行ってください。

でないと相手から送られて来たメール(VERIFY EMAIL)の返信ができません。

 

 

 

JUGEMテーマ:PC関連

| パソコン | 10:22 | comments(1) | trackbacks(0) |

緊急時対策Windows10以外のOS

JUGEMテーマ:PC関連

突然の事故でWindows10が動かなくなった時のために
念のため、別のOSでパソコンを立ち上げる方法を書いておきます。

世の中何が起こるかわかりません、突然パソコンが止まった時のため
リナックスのOSを入れておきましょう。
そうすれば、ハードディスクのファイルなどを救済することができます。
また、プラウザもついていますので、インターネットにつなげます。

ここでは、いまはやりのubuntu(うばんつ)というリナックスのOSを使います。
安心してください。無料です。
現在では、標準でubuntu搭載のパソコンも販売されています。

方法を先にイメージしてください。

1.Ubuntu japanのホームページからイメージファイル(ISO)をダウンロードする。
2.UNetbootinのホームページからUSBにイメージファイルをつくれるソフトウェアをダウンロードする。
3.2.のソフトウェアを起動して1.のイメージファイルをUSBに移す。
4.パソコンを起動したときすぐにDELキーなどを押しBIOSを表示させ、起動場所(ブート)を3.で作ったUSBにする。

以上です。

1.Ubuntu japanのホームページからイメージファイル(ISO)をダウンロードする。



上の中の日本語 Remix イメージのダウンロードを選んでください。




最近のパソコンはだいたい64bitですが、いちおうコントローラパネルのシステムで確認してください。
よければ、ubuntu-ja-15.10-desktop-amd64.iso (ISOイメージ)を選んでダウンロードしてください。
(32bitだった場合は一番下の32bit版を選んでください。)


2.UNetbootinのホームページからUSBにイメージファイルをつくれるソフトウェアをダウンロードする。



上のDownload(Windows)を押して、プログラムをダウンロードする。

3.2.のソフトウェアを起動して1.のイメージファイルをUSBに移す。

unebootin-windows-613.exeを起動する。



ディスクイメージ(i)のチェックボックスを押し(下を選び)1.でダウンロードしたubuntu-ja-15.10-desktop-amd64.isoを指定する。
タイプ(T)は必ずUSBドライブと確認すること(間違えるとディスクが消える)、とUSBドライブを指定する。
OKボタンを押すと完成です。

4.パソコンを起動したときすぐにDELキーなどを押しBIOSを表示させ、起動場所(ブート)を3.で作ったUSBにする。



BIOSのブートメニューからUSBを指定して起動します。



*try Ubuntu without installingを選びエンターを押す。
緊急用なので、インストールしないように!



Ubuntuが立ち上がります。
プラウザはファイヤーフォックスが入っています。
左のメニューから操作してください。
try版でですので、シャットダウンするとubuntuでの操作は消去されます。
作成したファイルなどは既存のファイルにコピーなどしておいてください。

お疲れ様でした。

終了するときは、右上にある(時間表示の右)メニューからシャットダウンしてください。







 
| パソコン | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

Windows10へのアップグレードの不具合

JUGEMテーマ:PC関連

Windows8.1からWindows10へアップグレードについては、
いろいろな不具合が出ているようです。

たぶんそれぞれの環境によって違うようです。

当方では、今のところ2つの不具合が出ました。

1つめは
パソコンでTVを見るIOデータ製のGV-MVP/FZ2のソフトで
録画番組を再生できなくなりましたが、平成15年12月7日に
IOデータにて、サポートされ解決しました。
ホームページは GV-MVP/FZ2 Windows10用ソフトウェア
です。

2つめは
内臓のLG製のBDディスクのBH16NS48です。
CD,DVDの書き込み、
ブルーレイディスクの読み書きができなくなりました。
どうもWindows10が認識していないようです。

これはかなり苦労しました。
LG社はWindows10のドライバをサポートしていません。
インターネットで検索しても解決策は出てきません。
ただ、SATA接続からUSB接続の外付けにすれば認識すること
及びSATAの接続場所を変えたら認識した例があること
から、Windows10とBIOSの関係が変わったと推測されました。
どうもWindows10では、起動を早くするためにCDディスクからの起動をとばしているようです。
そのために、BDディスクが認識されていないようです。

CDディスクの読み出し、書き込みと
DVDディスクの読み出しはできますが
BDディスクの読み書きができませんでした。
外付けUSB接続のCDドライブは正常に動きます。

あまりCDドライブは使いませんので、これであきらめます。

環境はASUS製のマザーボードです。




 
| パソコン | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

windows10のアップグレード時の注意(アカウント)

JUGEMテーマ:PC関連

 
Windows10をアップグレード時の失敗談です。
かなり焦りました。
運よくパスワードを思い出しましたが

いつも、自動ログインしている人は要注意です。

Windows10をアップグレードすると、自動ログインは引き継いでくれません。
自動的にmicrosoftのアカウント、パスワードが必要になります。

パソコンで、パスワード管理している人は要注意です。
そもそもパソコンにログインできないんですから。

Windows10のmicrosoftのログイン、パスワードを紙に書いてから
アップグレードしてください。

でないと、二度と立ち上げることができなくなります。

自動ログインの仕方はWindows10でも同じです。
Windows8.1の自動起動を見てください。

どうしても、思い出せないときは、再インストールですが、
その前に無料のOSのリナックスを使って大事なファイルを退避してください。


 
| パソコン | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |

WINDOWS用フリーソフトこれまでのまとめ

ブログを始めてから、早いもので3年ちょっとが過ぎました。

たまには、いままでのまとめをしようと思い
プログラム集の目次をつくっています。
(日本語プログラム「なでしこ」のマニュアル自動作成プログラムで作ってあります。)

もちろん、フリーソフトで、自由に改変してもらっても結構です。
そのかわり、個々の保守は行っていませんので、事故があっても責任は負えませんのであしからず。

それぞれのWindows用のソフトウェアをダウンロードする場合は、

プログラム集の目次からお願いします。

内容

音楽作成ソフト
動画ファイル変換ソフト
パスワード管理ソフト
画像編集ソフト
パソコンの録音ソフト
スマホ用買い物リストソフト
ゲームパッド操作ソフト
しゃべるタイマー
文章読上げソフト
透過アイコン作成ソフト

ただいま継続作成中です。

JUGEMテーマ:PC関連
| パソコン | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
カウンター


今日
昨日
レンタルサーバ/プロバイダー




ファッション
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

イマージュ - IMAGEアウトレットセール
yahoo・その他


買い物
ビックカメラ.com



Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM