Visual Studio テンプレートの登録

 

前回作ったWindowsフォームのテンプレートを、いつでも使えるように

Visual Studioに登録します。

 

まず、一番簡単な方法です。

前回作ったプロジェクト名のProject2を作ってください。

作者のホームページにあるCppWinForm.zipをダウンロードしてして、ProjectTemplatesのホルダーに入れます。

 

 

そのあと、このブログのページの一番したにある、「テンプレートの整理のしかた」を実行します。

 

あとは、新しいプロジェクトでVisualC++を選ぶと、CppWinFormがでますので、実行するだけです。

 

 

以上です。

 

 

 

自分で行うときは、

 

プロジェクトのメニューバーから、テンプレートのエクスポートを選んでください。

 

 

下のようにでますので、次へのボタンを押します。

 

 

次のようにでますので、テンプレート名と説明(自由にどうぞ)を入れてください。

 

 

テンプレートを自動的にVisual Studioにインポートにチェックが入っていることを確認して、完了ボタンを押します。

 

普通なら(C#などは)これで、新規プロジェクトから

 

 

上のようにでますので、OKなのですが

 

C++のプロジェクトの場合は、

前回の空のCLRを直した部分と、新しい項目の追加を別々に行わなければなりません。

たしかにプログラムが複雑になると、そのほうが効率的かもしれません。

 

ただこれでも、Myform.cppとMyform.hを作成したプロジェクトのフォルダーにコピーすれば動きます。

 

ここでは、いろんなやり方がありますが、ひとつの例として見てください。

(一応やってみましたが、かえって面倒くさいような気がします。)

 

まず、前回の新しい項目の追加を除いたものを(CLRの空のプロジェクトのプロパティだけを直したもの)

上の要領で、テンプレートを作ります。

 

次に、まえの要領で項目テンプレートを選択します。

 

 

次へボタンを押し、MyForm.hを選択します。

 

 

次にボタンを押し、すべてのチェックを入れてください。

 

 

次へボタンを押し、テンプレート名(何でもよい)説明をいれ、テンプレートを自動的のチェックを外しておきます。

 

 

あとは、同様に、項目テンプレート、項目選択でMyForm.cppを選びます、

この場合項目選択の参照のチェックをはいりません

テンプレートオプションでも同様に、テンプレートを自動的のチェックを外しておきます。

 

作成されたZIPファイルは、通常My Exported Templatesに入っていますので

先ほど作ったテンプレートをTemplatesのホルダーに移動します。

 

まず、My Export Templatesのフォルダーを開いて、上で作ったZIPホルダーを

TemplatesのホルダーのItemTemplatesの中ににコピーします。

 

 

 

テンプレートの整理のしかた

 

Visual Studioをいったん終了して、

ファイル名を指定して実行から、

 

 

Visual Studioのプログラムフォルダーのなかの

devenv.exe /installvstemplatesを実行するとテンプレートを再度セットアップしてくれます。

(もちろん、コマンドプロンプトを使って実行してもOKです)

 

 

参照ボタンを押し、上の場所までたどり着いてください。

devenv.exeを選んだあとに /installvstemplatesを付ける。

 

 

OKボタンを押すと、何もメッセージはありませんが、テンプレートを初期化して

Templatesのホルダーのテンプレートを登録してくれます。

 

 

JUGEMテーマ:PC関連

| Visual Studio 操作 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

Visual Studio 操作編 アイコンの作り方

 

いつも、プログラムを作っていると、たまには

プログラムのフォームの左上のアイコンを変えてみたいことがあると思います。

 

Visual Studioのアイコンエディターを使って、アイコンを作成する方法を書いておきます。

 

(前回の時計のプログラムで説明しています。)

 

ソリューションエクスプローラのソリューションを右クリックして、

 

 

追加で、「新しい項目」を選んでください。

 

下のように出ますので、アイコンファイルを選んでください。

 

ファイル名は、自動的に付けてくれますが、好きな名前に変えて構いません。

そのあと、「追加」ボタンを押してください。

 

下のようになりますので、ツールバーからカスタマイズを選んでください。

 

 

イメージエディターにチェックを入れたのち「閉じる」のボタンを押します。

 

 

これにより、ぺんやブラシなどの道具がツールバーに表示されているはずです。

 

 

フォームで表示されるのは、16×16ですが、見にくいので、

まず、32×32、4ビットぐらいから始めるとやりやすのではないかと思います。

Windowsでは、16×16,32×32,64×64の3つあればカバーできると思います。

 

(これが表示されていない場合は、画面を右クリックして、新しいイメージタイプ、

または、イメージのメニューバーから

新しいイメージタイプを選んで、アイコン イメージタイプの新規から選択してください。

なお、

1ビットは、白黒

4ビットは、16色

8ビットは、256色

24ビットは、約1670万色です。)

 

作成したあと、画面を右クリックし、コピーを選び、次に16×16、4ビットを表示し

同じく、画面を右クリックし、貼り付けを選んで、大きさを調整しコピーします。

 

作成が終わったら、

ファイルのメニューバーから保存してください。

 

あとは、Myform[デザイン]のプロパティで、アイコンを変えるだけです。

 

これで、フォーム画面のアイコンが変わります。

 

また、このアイコン形式(.ico)のファイルはホームページのアイコンなどにも使えます。

 

 

JUGEMテーマ:PC関連

| Visual Studio 操作 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

Visual Studio 操作編 バイナリエディタの使い方

 

プログラムを作っていると、ファイルの中身を確認する必要がでてきます。

そのときは、下のようにバイナリエディタを使うと便利です。

 

Visual Studioで確認や変更する方法です。

 

スタートページからファイル --> 開く --> ファイルを選んでください。

 

 

 

ファイルを開くのダイアログが出ますので、ファイルを選択したのち、開くの横の矢印を押して、

ファイルを開くアプリケーションの選択を選んでください。

 

 

 

バイナリエディターを選択してOKボタンを押してください。

 

 

もちろん、テキストエディタにしたいときはソースコード(テキスト)エディタを選んでもらえばいいです。

 

次のように表示されます。

 

 

いつのように、右クリックで、切取、コピー、貼り付けなどができます。

バイナリデータだけに間違えるとファイル自体が読み取れなくなる可能性があります。

変更する場合は、細心の注意をして変更してください。

 

 

 

JUGEMテーマ:PC関連

| Visual Studio 操作 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
カウンター


今日
昨日
レンタルサーバ/プロバイダー




ファッション
カタログ通販ベルーナ(Belluna)

イマージュ - IMAGEアウトレットセール
yahoo・その他


買い物
ビックカメラ.com



Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM